トップへ戻る

*HOME
*りす・コミュニティとは
*多数の講座・イベント
*自慢の先生紹介
*教室案内・アクセス
*必見!耳寄り情報
入塾申込 入塾申込
無料体験 無料体験
講座・イベント予約 講座・イベント予約
資料請求 資料請求
ご質問・ご相談 ご質問・ご相談
個別教育フレックス

高校入試【国語】を読む!(17)


生徒たちにはよく「読書」の大切を説きます。
しかしながら,スマホ世代の生徒たちにとっては,「読書」に対しての具体的なイメージを持ちにくいのもまた現実です。そこで,高校入試に出題された小説をこのブログで紹介し,生徒たちが少しでも「読書」を身近に感じてもらえる機会としてもられば,と考えて記事をアップします。

さて、今回取り上げる本は,はらだみずきさんの『銀座の紙ひこうき』 です。出題は、2021年度東京都立立川高です。

昭和から平成へという時代の中で、ある企業に就職した青年の青春物語です。職場での葛藤、同期の社員とのつながり、自分の夢へのこだわり、憧れの女性とのちょっとしたロマンスなどが綴られています。

中学生の世界とはかなりかけ離れたビジネス小説の一面がありますので、中学生が読み終えるにはかなりの忍耐力が必要なるかも知れません。仕事とはどんなことをするのかを垣間見るには良い機会となる一冊です。

「自分の夢を追う」ことが1つのテーマとなっています。改めて仕事との関わりを何かを考えさせられるストーリーでした。タイトル写真は,『全国高校入試問題正解』ですが,今回取り上げた本は読了して投稿しています。)

立志館進学教室は、子ども達と共に学ぶという視点を大切にしていいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。