トップへ戻る

*HOME
*りす・コミュニティとは
*多数の講座・イベント
*自慢の先生紹介
*教室案内・アクセス
*必見!耳寄り情報
入塾申込 入塾申込
無料体験 無料体験
講座・イベント予約 講座・イベント予約
資料請求 資料請求
ご質問・ご相談 ご質問・ご相談
個別教育フレックス

龍谷大学付属平安中学・高等学校の塾対象入試報告会

先日、龍谷大学付属平安中学・高等学校様の入試報告会に足を運んで来ました。

山脇校長先生による、建学の精神についてのお話に続き、橋本教頭先生より、各コースの特徴やコンセプトについてお話いただきました。その中からいくつか紹介させていただきます。

〇中学校
教育目標
・平安の願い(宗教的情操教育)
・世界と向き合う学び(グローバル)
・教育のスタンダード(ICT)
・未来を拓く確かな学力(4技能・基礎学力)

タブレットによるデジタル教材や、ネイティヴ教員による授業,週6日制授業やドラゴンゼミJrなど、
この教育目標を達成するべくすばらしい要素がそろっています。

〇高等特進コース
難関大学合格を見据え、週3回(3年次は週4回)7・8限のドラゴンゼミや季節講習、気軽に先生に質問できるオープンスペース職員室など、確かな学力を身につける環境がそろっています。
2年次から平安中学校から進学した生徒とクラスが混ざり、3年次には国公立文系・理系、私立文系・理系の4クラスに分かれます。

〇高校プログレスコース
龍谷大学の進学を前提に、大学や会社で「中核的な存在」として活躍する人材を育成します。
1年次から平安中学校から進学した生徒とクラスが混ざり、2年次からグローバル英語専修、文系、理数専修の3クラスに分かれます。また、龍谷大学の各学部教員からカリキュラムや教育の特徴について直接説明を受ける高大連携教育プログラムでは、生徒の主体的な進路選択を促します。

〇高校アスリートコース
甲子園出場の目標を基盤に、基礎的・基本的な学力を身につけ、心・技・体に充実した「人間形成」「全国制覇」を目指します。

最後に校舎の様子を紹介いたします。

毎回「なるほど」と思うのは、理科室のガスの配管部分や、教室・廊下の天井の配管などをあえて隠さず見せることによって、生徒の興味を引き、仕組みを理解させているというものです。

そしてなんといっても、去年完成したばかりの至心館!

この至心館に向かう途中、授業終わりの生徒とたくさんすれ違いましたが、見ず知らずの大人である私たちに、大きな声で挨拶してくれました。

1階は卓球の授業、卓球部の練習に使用され、床の色は全国高校選抜卓球大会のとある会場をオマージュして造られ、部員のモチベーションアップにつなげています。

2階にはピカピカの体育館があり、壁には高さに関する数字や歴史が書かれており、生徒の興味関心を引いています。

龍谷大学付属平安中学・高等学校の入試は、漢検・英検の加点があります。
受験対策はもちろんのこと、漢検・英検対策も当塾で行っています。
お気軽にお問い合わせください。

立志館進学教室城陽駅前校 藤井

立命館宇治中学校・高等学校の入試情報をお知らせ!

先日、立命館宇治中学校・高等学校の塾対象説明会に足を運んできました。

学校情報や入試の変更点をお届けいたします。

〇立命館宇治高校の取り組み

WOWプログラムという、生徒自ら企画・運営をする取り組みで、写真の例では、模擬会社を設立し、廃版になった本を販売するというものです。
他にもプロのエンジニアさんを呼んで、ゲーム開発やWebページ開設などのプログラミング学習や、弁護士さんを呼んでの模擬裁判なども過去に行ったそうです。

高校受験,大学受験が公立中学高校の生徒よりない分、英語教育や、こういったプログラムに積極的に取り組み、生徒が自分たちで考え、行動する力を養うということにも力を入れておられます。

 

それでは今年度の入試の変更点をお知らせいたします。

〇高校入試変更点

①推薦A選考要素に数学検定を追加
(数学検定3級以上から加点)
②英語資格の有効期限設定
(中学1年生4月以降受検・取得のもののみ有効)

〇大学進学状況

注目すべきは立命館大学国際関係学部!偏差値55~65のこの学部ですが、推薦枠(赤文字)を越えているのがわかるでしょうか?
これは、ネイティブによる授業や英語でのプレゼンなど、立命館宇治高校が英語に力を入れておられ、英語に強いためです。

 

〇中学入試変更点
1.募集定員の内訳変更(国内145名・国際35名)
2.B日程を「3日目午前」から「2日目午前」に変更
入試センター長の木越先生のお話では、「2日目午前」は、同系列の立命館中学の後期日程と被っていますが、立命館中学を受験する生徒と立命館宇治を受験する生徒では、偏差値に差があると判断し、この日程にされたそうです。

3.ICコースの推薦入試に定員を導入(約80名)
定員を超過した場合は、模試偏差値や英語資格の有無などで選抜されます。

第4回~第6回を少なくとも1回を含む五ツ木・駸々堂模試の2回分の4教科偏差値と、英検によるポイントが選抜材料になります。
※英検は小学4年生以降受検・取得のもののみ有効

4.「 i 推薦」が「自己推薦」に統合
5.ICコースの一般入試の定員が約60人に増加・面接の廃止

以上が中学入試の変更点となります。

過去の中学入試の入試結果・入学者推移がこんな感じ

 

約7割の学生が推薦で合格・入学しており、一般A日程の倍率は 2.78倍、B日程の倍率は 3.9倍となっておりますので、やはり自己推薦で狙うのが良いでしょう。
しかし、木越先生もおっしゃっていましたが、6年生では国算理社の学力を上げるのに尽力していただき、英検に関しては4年生・5年生のうちに取得することをおすすめいたします。

 

立志館進学教室城陽駅前校では、五ツ木対策はもちろん、小学生の英検対策も実施しております!

立志館進学教室城陽駅前校 藤井

2024中学受験合格結果

立志館進学教室城陽駅前校では、四谷大塚4科の教材を用いて、カリキュラムを倍速で進めていきます。小学5年生までに全範囲を網羅し、小学6年生では総復習をして受験対策を行います。

また、五ツ木駸々堂模試での出願校をご希望の方も多々おられ、土曜日を利用した五ツ木駸々堂特別講座を毎月実施しております。

その結果、生徒様には偏差値40台から50台、偏差値50台から60台へ到達して頂いております。次は偏差値70が目標です!

中高一貫の進学校で国公立大を目指されたい方、難関私大附属中でグローバルな舞台へ進みたい方など、一緒に高みを目指していきましょう。皆さまお待ちしております。

小6生対象 中学進学準備講座 始動

2月6日より,小6生対象の中学準備講座を開講いたします!

・日程:2月6日~2月29日の火曜日(数学)・木曜日(英語) 合計8回
・時間:17時00分~17時50分,17時55分~18時45分
・学費:無料 テキスト代(¥880/1教科)のみ

数学では,小学校の内容の復習に加え,正負の数の計算を扱います!
英語では,be動詞,一般動詞,canの文などに加え,中学校の単語テストに
出るであろう,曜日や月の単語も扱います!

途中参加の講座生も大歓迎です。お気軽にホームページよりお問い合わせください。

第2回漢字検定を実施しました!

10月28日に,第2回漢字検定を城陽駅前校で実施しました。

今回は小学4年生~中学1年生まで,10人の生徒が受験してくれました。
前回受けた級の次の級に挑戦する生徒,リベンジする生徒,今回初めて受験す生徒など。

今回のメインは,自分の学年の級を取得すること。
中には,次の学年の級を受験してくれた生徒もいます。
前回のように簡単すぎて時間が大幅に余る,ということはなかったようですが,
手応えあり!との反応を多く聞くことができました。

普段の授業や宿題での漢字学習に加え,自習室に来て勉強したり,私に質問しに来たり,たくさん努力してきた生徒たちですので,全員合格してほしいというのが私の願いです。

第14回京都山城進学個別相談会を開催しました。

皆さんこんにちは!
昨日は第14回京都山城進学個別相談会を開催しました!
私立中学高校の先生方、沢山の保護者様と生徒様にご参加頂くことができ、誠にありがとうございました。

普段の学校主催の説明会では、入試広報部の先生方ここまで質問することはできなかったはずです。ご参加頂いた皆様にとって収穫が多く、また進学への強い動機となったはずです。

早い段階で希望の進学先を決めておけば、内申点や入試得点の基準がハッキリしますので、それに向けた対策が可能となります。高校入試制度上、公立高校はもちろん一部の有名私立高校の自己推薦でも3年間の内申点で進路が決まりますから、中1になる前の段階である程度の進路先は決めておくべきでしょう。

インサイト 立命館宇治中高

皆さんこんにちは!

今回は、立命館宇治中学高等学校の学習環境や授業風景を見せて頂くことができたので、入試情報だけでなく学習環境もお伝えしていきます。(質問等にご対応及び撮影許可を頂いた八木副校長先生ありがとうございました。)

何より衝撃的だったのが、IPコースとIBコースの教育環境です。立命館宇治中高はハーバード大学やオクスフォード大学を始め、数々の超難関海外大学への進学実績で有名です。こちらは、IPコースとIBコースのために新設された校舎のラウンジの様子です。

ネイティブの先生が質問対応をしています。

海外大学専門の予備校と組んでカリキュラムも作成されているとのことです。海外大学の合格実績にこだわって新設された校舎に加え、カリキュラムもとことん合格にこだわっています。

また、IGコースやIMコースにも共通して、生徒達に高いレベルのプレゼンテーション能力を身につけることを求めているようです。こちらの写真は、プロジェクター、プレゼンテーション用のスクリーンです。

まず、左右の壁のスクリーンを使って、グループごとにプレゼンテーションの練習を行います。そして、正面のスクリーンを使って全体に発表をします。勉強というと、暗記や詰込み学習が大事ですが、それ以上に社会で必要となるのはプレゼンテーション能力ですね。早くから実践的な力を身につけられる環境が整っています。海外大学の入試に求められる英語でのプレゼンテーション能力も高められますね。

洋書のラインアップも充実しています。Mathematics,Chemistry,Physics,Botany,Zoologyなどの見出しが見えます。その他、TIME,SCIENTIFIC AMERICA,National Geographicなどの雑誌も揃い、新刊の洋書も取り揃えてあります。書籍に関しては、英語の学習環境として抜群ではないでしょうか。英語学習者向きの教材として、各出版社のリーダーも相当数用意してあります。

こちらは食堂の様子です。生協が入っているとのことです。快適なテラスでランチが食べられるのも魅力的です。中学校と高等学校で昼食時間をずらしているとのことです。

 

 

さて、大事なのが受験情報です。中学入試は、やはり公開模試の偏差値をもって自己推薦で合格する必要があります。出願に適用可能な公開模試は幅広くあります(ブログ上での公開は控えさせて頂きます)。どの公開模試でどれだけの偏差値を取るべきかを早くから戦略的に考えるべきでしょう。また、英検3級からの加点がありますので、小学3年生から5年生くらいまでは、2~3年間のスパンで英検3級以上を取得することを検討してみても良いでしょう。

高校入試に関しても、やはり中学校の内申重視であることは変わりありません。非常に高い評点が求められます。ただ、英検準2級以上で大きな加点があるため、内申が完璧でなくとも、英検をもって推薦枠内に足を踏み入れることは十分に可能です。立命館宇治高等学校を目指すのであれば、中学校の内申確保はもちろん、英検準2級以上を取得することが得策でしょう。いずれ大学入試で英語がメインになるので、中学生の早いうちから英語を武器にしておくべきですね。

国際という枠があり、海外就学期間が1年以上であれば志願できるようになっています。

海外大学への進学実績へのこだわりの強さを感じます。ますます超有名海外大学への合格者が出てくるでしょう。IPコースとIBコースだけでなく、IMコースからも海外大学への合格者は出ています。実際、世界ランキングで見れば、東大や京大よりも上位の大学も存在するわけですから、海外の大学への進学を考えることは大事ですね。

世界に通用するグローバルな人材を育成する立命館宇治中学高等学校!!!

さあ、みんな世界へ飛び立とう!!